<< これはゴッチとロビンソンの関係である | main | 大晦日、テレビのことを軽く >>

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


先輩とはかくもの

 大晦日、Dynamite!!。
桜庭和志-田村潔司のメインは、判定で田村が圧勝した。

結果は、火を見るより明らか。
判定という結果を受けてではなく、試合前からそれはわかる
というもの。
”先輩への礼儀”か”下手に見せて、裏を突く戦略”だったのか。
桜庭が田村に見せた開始ゴング前後の後輩然とした態度の
正体は、本人でなければわからない。
けれども、かつては後者のやり方でファンを熱狂させた桜庭も、
ここ数年はその力を失ってしまった。

明らかだったのは、コンディションの差。
かつてゴッチは「大切なのはコンディション」と常々口にしていた
との事。
過酷な闘いをながく続けてきた桜庭は、極端に言えばヴァンダレイ
・シウバ戦以降ずっと満足な状態でリングに上がっていない。

「タイミングが」「ピンとこない」。
UWFインターではともかく、総合格闘技では圧倒的に桜庭に
劣る田村はずっと対戦を受けずにいたが、ここにきて受諾。
両者のコンディションの差は、明らかだった。
先輩とはかくも勝手で、上にいるもの。
勝利後の態度、インタビューの内容、何よりも試合中。
田村はずっと”常に自分が上の存在”であった。
田村がヘンゾに、桜庭がホイスにそれぞれ勝利した時。
あの頃に両者が闘えばどんなリング上の風景だったか。
予想もつかない、そんな闘いが見てみたかった。

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • 17:31
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
h3CD8b80BFgFB
今日は最近の個人的に話題の格闘技について語ります。私の周りでは格闘技について話す...
  • 格闘技
  • 2009/01/01 10:56 PM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
adspace
sponsored links
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM