<< 『GスピリッツVOL.21』9/28発売。特集はあの”墓堀人” | main | 大人になったら >>

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


プロレスラーが最強だった頃

那嵯涼介さんの「ローラン・ボック・ロングインタビュー」が
巻頭記事という事から、『GスピリッツVOL.21』の特集は一体どんな
ものか・・・と思っていたら、橋本真也特集だった。

わたしにとっては橋本は平成のレスラー。思い切り昭和寄りの内容を期待した
ものだから、これには少し肩すかしを食らった気分だ。
(もっとも同じく那嵯さんによる「木村政彦のプロレス洋行記」、
「実録―国際プロレス 寺西勇」など相変わらず昭和は満載だから、
発売が大いに楽しみではあるのだが)

実はわたしは元もと橋本は好きなレスラーだったのだが、ある時期を境に
”心の中の一人バッシング”が始まってしまい、それ以来どうも好意的に
見れなくなってしまった。
それがいつだったかを思い出すと、どうもトニー・ホームとの
”プロレスVSボクシング”の異種格闘技戦からだったと思う。

武藤や蝶野たちが台頭し、逆に猪木の影は薄れていきアメプロ色が強くなって
きた当時の新日本プロレスにあって、橋本は唯一格闘技の香りを醸し出す
選手。自身も望んでいた格闘技戦が実現したところ、惨敗を喫してしまった。
わたしは(プロレスこそ最強)で育った世代だから、この敗北で大変沈んだ
気持ちになってしまった。(トニー・ホームはもう、プロレスラーとして
活動しているんだから純粋なボクサーではないし・・・)そう心を宥めようと
しても、モヤモヤは消えなかった。

この思いは、高田がヒクソン・グレイシーに敗れた時の気分にも通じる。
それだけその頃は、(プロレスラーは他の格闘技に負けない)という
信念があったのだ。

今思えばあの闘いもTo Be Continuedへのものだったのだろうが、
一度抱いてしまったネガティブな感情はなかなか消えない。
”体の引き締まり方から見て、(第二次)UWFで一番強いのは、高田だろう”
と言っていた高田延彦の事をあの10・11以来一度もカッコイイとは思わなくなった
ように、橋本真也の事もあの格闘技戦以降、好きでは無くなってしまった。

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • 23:43
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
adspace
sponsored links
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM