<< 名手、初来日のころ | main | 全日本プロレスと再生屋 後編 >>

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


全日本プロレスと再生屋 前編

 全日本プロレス、再生支援企業のスピードパートナーズに買収される。

これについて当初はふれる気は無かった。
ジャイアント馬場が設立した全日本プロレスは遥か昔に無くなっていると
考えていて、今は同じ名前の全く別の団体としか見ていないからだ。

しかし
ココに書かれたコメントを見て、少し首をひねった。

<以下引用>
その背景にあるのは、白石氏がプロレス業界のために全日を買収したのではなく、
あくまで自分の金儲けのために買収したと見る向きが強いからだ。

「細かい経歴は割愛しますが、要は苦しくなった企業を安値で買い叩いて、
ある程度回復してきたら、よそに購入額の数倍で売る。彼のこれまでの歴史を見ると、
買収と売却の繰り返し。まったく信用できませんよ」(プロレスライター)


この”プロレスライター”氏が何者かは知らぬが、あまりにもお子様めいた
コメントだ。それと言うのも実は以前わたしはこうした”再生屋”に買われた
企業の仕事をした事があり、こうした所の目的とやり方は重々承知だから
であるし、(何も無いところに金を出すなんて、誰もしませんよ)と
いう考えだからである。

ただしわたしがこうした”再生屋”を擁護しているかと言うとそれは違う。
ただそれを言い始めるとそもそも小泉が、竹中がなどと余計な話を始める
のでそれは止めておく。
ハッキリ言えばこうした所に入られる企業は既に自力で生きる事ができない
ということで、支援してもらう事で延命させてもらっていると考えねば
ならない。プロレス村の住人の立場で無邪気なコメントを出すべきでは
無いのだ。

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • 23:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
adspace
sponsored links
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM