<< Uインター対RINGS再燃? | main | 点を繋ぐ >>

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


これ一本で食っていく

 スタン・ハンセンはウェスタンラリアット。
フィニッシュホールドはこれだけ。まさに腕一本、この技ひとつで
食っていた。

プロレスを本格的に見るようになれば、少し見方も意地悪になってくる。
(ハンセンは厳しいだろうな)。そう思ったのはまさにハンセンが
ウェスタンラリアットだけ、。しかもこれが単純明快な技、事実他にも長州など
が使っていたからだ。さらにはUWFブームにより「ロープにふって返って
来るなんておかしい」という逆風も吹いてくる。まさにウェスタンラリアット
は廃れる運命にハマった技だった。

しかしハンセンは馬場、天龍、鶴田、そして対戦相手としてではないものの
盟友ブロディがいた激動の時代を生き抜いた。そして全日本の体制変化や
アメリカマットの情勢変化などにより、全日本に毎シーズン参加という事に
までなった。
けれどもこれこそがまさにハンセン、マンネリ化の一本道だろうと思われた。
どんなに凄い選手でもいつも見られれば、飽きられてしまうからだ。
だがハンセンはマンネリどころではない。三沢、川田、小橋たちの高い壁
となって活躍した。団体としての全日本プロレスだけでなく、馬場との
コンビ結成によりマット上の巨人をも活性化させた。
それも見事にウェスタンラリアット”だけ”をフィニッシュとしてだ。

わたしは「相手がワルツを踊ればワルツを踊り、ジルバを踊ればジルバを踊る」
というニック・ボックウィンクルの言葉が好きなのだが、この複雑多様な時代で、
また自分も齢を重ねてきて、”一本で生きる”生き様にも見習うべき点があると
思うようになっている。

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • 13:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
adspace
sponsored links
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM