<< これ一本で食っていく | main | AKB総選挙の、プロレス手法の行方 >>

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


点を繋ぐ

平直行の事を不意に思い出した。
近年は古武術をやっていると聞いている。
そういえばTHE OUTSIDERでレフェリーをやっている姿を見た。
かつては「体が小さい」という事でプロレスにもヘビー級主体の
RINGS(リングス)本戦にも登場は無かったが、THE OUTSIDER
のリングでは大きく見えた。

さて平直行のブログで、興味深い記事があった。

骨と筋の関係をもって相手を崩していくという内容だが、
「30年前の古賀先生が笑って教えてくれた技」と書かれてあった。
これはおそらくビクトル古賀の事だろうし、ここで武術とサンボが結びつく
のが興味深い。またビクトル古賀とカール・ゴッチは親交があったし、
前田日明を介してはアレクサンドル・ヒョードロフとも結びつく。
古武術-サンボ-キャッチレスリング。
繋げたいのは歴史でも物語でもなく、人間の身体の本質であって、
平直行たちはそれを行動で実践している存在に見える。

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • 10:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
adspace
sponsored links
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM