<< 鈴木みのるを語る 1 | main | ワンハンド・バックブリーカーの記憶 >>

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


鈴木みのるを語る 2

JUGEMテーマ:スポーツ

-
鈴木みのると言えば、ライガー戦が現在のターニングポイントになったという話がありましたね。

naware-
鈴木とあのライガーがやる、って事で注目した試合だったけど、あれだけ裏でいろいろあったとはね。

-
佐々木健介戦が流れただけではなく、田村も対戦を受けて無かったという。

naware-
田村にしてみれば、今の鈴木さんとやっても意味ねえなあ〜、って感じだったのかな(笑)。

-
そんな訳で鈴木にしてももうダメだって所まで追い込まれてのライガー戦だった訳ですが。

naware-
それでも容赦なく潰す、と。
でもそこからライガーが柔術を習いに行ったというのがまた、らしいというか。
確かに今ライガーと鈴木がやっても面白いかもな。

-
まあ、マニア↑にとってはですけどね(笑)。

naware-
プロレスでやっても意味が無いしな。
高橋と高阪みたいに後楽園借り切って無観客試合とかしかないよな。
けどかつては藤原の元でゴッチスタイルを学んでいたライガーが柔術とはな。
まさに柔術を裏切った男、マルコ・ファスのゴッチ版だよ!

-
もはやほぼわからない例えですけど。
 

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • 19:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
adspace
sponsored links
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM