<< RINGSへの無念 | main | 若き日々 >>

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


200回

200・・・ニヒャク、にひゃく。
この200という言葉が、どうも心にかかる。
「200回以上作製に成功した」
という、恐らくはそれが実在のものであって医療などに実現できても、銀河鉄道999の機械の体なみにわたしには縁遠いだろうからどうでも良いことなのだが、”200回”という数値がパッと出る事が気になって仕方が無い。

大体、こういったやりとりで数値は有効ではあるものの、パッと口で「200回」と言われると(ホンマかいな)と思ってしまう。
そこにきてプロレス者ならきっと思い出したはずだ。
「前田はUWFで終わった男、200%勝てる」
という安生洋二の名言についてだ。

実際、安生は前田日明とは闘う機会が無く、その後も同じ”200%”を口にしヒクソンと闘い思い出すのも嫌な結果になり、のちには「ミスター200%」というキャラでプチブレークを見せた。
この”200”というのが微妙な数字で、”100”や”絶対”を使った方がよほど信憑性がある。
また”500”とか言われるといっきに冗談と思えるが、200というのは何だか本当のようにも思えてくる。
田村や桜庭、金原といった強者は安生とのスパーリングで鍛えられたと口を揃えるし、関係者で安生の実力を低く評する者はいない。「しかし前田にはかなわない」という声は当時多かったが、実はわたしは、闘えば前田はかなり危なかったのではないかと思っていた。終わった男、というのは遠からぬ表現で、実際RINGS(リングス)が旗揚げしすぐに膝を壊した前田は、あの時点で肉体的にはかなり終わってしまった。また団体の長として練習もあまりできていない様子は、あの体の見た目から明らかで、安生に明らかに勝っているのはウェイトだけといった状態だった。

さて、そこで
「200回以上作製に成功した」
という言葉だが、前田と安生の例を見てもわかるようにこれが決して偽りとは思えない。作製自体はこれほどなくても、なんたら細胞はあってもおかしくないと思うのだ。
ガリレオ・ガリレイだって「それでも地球は回っている」と言った訳だし、福来 友吉博士の念写実験だって今もって真実は霧の中だ。
ただ200って、やっぱり微妙な数字ですね。

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • 00:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
adspace
sponsored links
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM