<< 桜庭-船木は、今さらではない | main | 前田日明も原点へ >>

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ゴッチ最後の弟子は西村か

「西村がゴッチ最後の弟子、とされている。どう思いますか」
などと聞かれた。
私の答えは”可もなく、不可もなく”である。
聞いた御仁にしてみれば批判を期待していたのだろう。露骨に
不満な表情となった。
ただ本当に私にしたら答えようがなにのである。
突然『無我』を離れただとかは聞いたが、私にしてはよくわからない
世代の選手なのである。

もちろんUWFに狂った私にしてみれば、何故U系ではない選手が、とは
なるが、ともかく今の情報に疎いため考察しようがない。
またゴッチは何もU系を全面肯定していたわけではない。
興行的にUで祭り上げられ、最初の一時期コーチをした関わり
でしかないのだ。

それに西村は無我で顧問料を支払っていたという。
U系から”いずれは払おうと思っていた”という声も聞いたことが
あるが、金というのはそう思うのと実際に出すのでは天と地ほど
の差があるのだ。

晩年からの付き合いである西村は、確かに鬼のようなコーチを受け
たことも相手を壊す術を伝授された訳ではなかろう。むしろ
老レスラーの話し相手のような存在だったことは想像もできる。
ただ笑顔のゴッチとうつった写真を見ると、それがいかに大切な
存在だったかは伝わってくる。
私がのめりこんだのがたまたまUというだけで、否定する訳にはいか
ないのである。

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • 23:29
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
adspace
sponsored links
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM