<< 前田日明も原点へ | main | 年越しの幻 >>

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


実像の船木

まさかこのカードがメインにくるとは思わなかった。
船木-桜庭という組み合わせだ。前宣伝で煽っているのだろうが
それはほとんど見ていない。レコード大賞を見ながらほとんどが
(誰だ、これは?)という我が身だからか。世間は(船木って誰?)
とはなっていないのだろうか。

船木も、そのイメージとリング上での結果が合致しない選手だ。
M・スミスには勝っているが、それを除くとルッテンに負けヒクソン
に負けだ。VT準備の時はブラガとも引き分けだった。
これらの試合自体も強さも凄さも感じられず、むしろ対戦相手
の方が際立っていたように思える。藤原が船木の評価を「錯覚」
としていたが、ここまでハッキリと言い切った例は他にないだろう。
そう言う意味では、船木はプロレスラーらしい素質を存分に持った
人間だったと言える。元から身にまとうオーラが違うのだ。
桜庭のように実像ありきでイメージが広まった人間との勝敗は、
単純に考えれば明らかだ。ただその桜庭でも今のコンディション
では優位とは言い切れないが。

けれども私がどちらに思い入れがあるかと問われたら、迷わず船木だ。
2人が並ぶ姿を想っても、船木の方が強くイメージできる。
格闘技はリアルさだ、などと熱を込めていたUWF出現の頃のマイナー時代
ではもうない。
ゆっくりと思い入れをしながら、年末は過ごそう。
コロシアム2000 船木誠勝VSヒクソン・グレイシー
コロシアム2000 船木誠勝VSヒクソン・グレイシー

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • 11:31
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
adspace
sponsored links
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM