<< 今さらながらDREAM.1 | main | DREAM、戦極のカードを巡る雑感 >>

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


リングス・オランダへの回想

今さら猪木である。
隔月刊行となった『Gスピリッツvol.6』は猪木の特集となった。
ただTK高坂にペールワン戦を語らせるなど斬新な切り口で興味を魅く。

しかしながら私がまっ先に読んだのは渋澤恵介氏によるリングス・オランダ
の記事である。
今なおリングスを名乗る唯一の国、オランダ。
HERO'Sと前田が絡むことでドールマンとの関係強化もあるかと
思われたが、それはなかった。
常々近況が気になっていたが、今回は大半が思い出話。
残念ながら近況についてはあまり触れられなかった。

半分は知っていた話、残りのいくつかは初めて知って驚いた事。
特にアンディ・フグをリングスにも紹介されていたとの件は
積年のもやもやを晴らしてくれた。
あの当時リングスはK-1より勢いがあった。
けれどもアンディはK-1に行った。
グローブをはめ闘うフグを見ながら、(この選手がリングスに来ていれば)
と夢想したものだ。
仲介の渋澤氏にリングス、つまり前田は何も連絡をしなかったらしい。
それで具体的な興味を示したK-1にアンディは行ったとのことだが、果たして
前田はアンディ自体にポテンシャルを感じなかったのか、それとも極真との
関係を考えたのか。
前者であればそのアンディ評を聞いてみたいし、後者であれば前田らしい
大魚の逃し方である。
見出しの写真の端に写るのは安生である。おそらくUWF時代に前田がオランダ
視察に赴いた時である。
(安生だったんだ)
未知の国、ならず者揃いのオランダに帯同したのはなぜ安生だったのか。
一枚の写真からでも占うことはできる。

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • 22:31
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
adspace
sponsored links
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM