スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ワンハンド・バックブリーカーの記憶

JUGEMテーマ:スポーツ
”人間風車”と冠されるビル・ロビンソンが亡くなった時、この異名に対してネットでの呟きの多くはダブルアーム・スープレックでは無くワンハンド・バックブリーカーの記憶を綴っていた。
ネット≒若者、あるいは精通した世代とするのには異を唱えるわたしだが、多少なりとも世代による利用者人口の差はあるだろう。
ロビンソンのダブルアーム・スープレックを実際に見た世代は、ネットでつぶやくような場所にはいないという事だ。

かく言うわたしもロビンソンの記憶はワンハンド・バックブリーカーの方で、国際プロレスはおろか馬場との試合も知らない。
つまりは全盛期でもないロビンソンを見たわけで、それは鶴田がニック・ボックウィンクルから奪取したAWA世界ヘビー級のベルトを持ち、敵の本拠地アメリカで防衛線を行った最初の遠征のチャレンジャーに名を連ねていた。
確か3試合を闘いその様子はすべてテレビ中継されたと思うが、ロビンソン戦は奇妙な試合だった。試合は鶴田がピンフォール勝ちを収めたものの、チャレンジャーであったロビンソンの方が強かった印象しか残っていない。
天龍はもちろんスタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディという名だたるパワーファイターに対しても互角かそれ以上の強さを印象づけていた鶴田が見せた数少ない”圧された試合”として、この試合は記憶に残る。パワーではなくテクニックで強さを見せつけたという事も、特筆に値する。

こんな風に全日本の選手のイメージが強かったロビンソンがUWF系のUインターに現れた時は違和感があった。テーズ、ニック、ダニー・ホッジという選手たちも揃いぶみで、(Uインターとは何か?)と思ったものだ。
この中では私が現役時代を知るロビンソンとニック、つまり最も若い二人がエキシビションを闘ったのは当然の事だった。当初はホッジ対ロビンソンの試合だったはずだが、さすがにコンディションが整わず”若い”ニックとの対戦になった。
そしてそれさえ風化した頃、宮戸のUWFスネークピット・ジャパンでわたしはこの試合を実際に目にする事になる。

わたしがロビンソンの試合をリアルタイムに記憶しているのは3試合のみ。そしてVTRでどんどん魅き込まれていった猪木戦。
たったこれだけ、わずか数試合しか見ていないプロレスラー、ビル・ロビンソン。けれどもその訃報を聞いた時、私はしばし呆然とした。
 

鈴木みのるを語る 2

JUGEMテーマ:スポーツ

-
鈴木みのると言えば、ライガー戦が現在のターニングポイントになったという話がありましたね。

naware-
鈴木とあのライガーがやる、って事で注目した試合だったけど、あれだけ裏でいろいろあったとはね。

-
佐々木健介戦が流れただけではなく、田村も対戦を受けて無かったという。

naware-
田村にしてみれば、今の鈴木さんとやっても意味ねえなあ〜、って感じだったのかな(笑)。

-
そんな訳で鈴木にしてももうダメだって所まで追い込まれてのライガー戦だった訳ですが。

naware-
それでも容赦なく潰す、と。
でもそこからライガーが柔術を習いに行ったというのがまた、らしいというか。
確かに今ライガーと鈴木がやっても面白いかもな。

-
まあ、マニア↑にとってはですけどね(笑)。

naware-
プロレスでやっても意味が無いしな。
高橋と高阪みたいに後楽園借り切って無観客試合とかしかないよな。
けどかつては藤原の元でゴッチスタイルを学んでいたライガーが柔術とはな。
まさに柔術を裏切った男、マルコ・ファスのゴッチ版だよ!

-
もはやほぼわからない例えですけど。
 

鈴木みのるを語る 1

JUGEMテーマ:趣味
JUGEMテーマ:スポーツ

-
何かテーマを持ちましょう、という事で始めた訳ですが、nawareさん鈴木みのる好きでしたっけ?

naware-
別に・・・

-
それ沢尻エリカでしょ!
古いし、やめてくださいよこのブログの本分を忘れるのは。

naware-
いやー、スマンスマン。
でも自分の知ってる世代でバリバリやってるのって、鈴木ぐらいだから。

-
藤波とか長州は微妙ですからね。

naware-
いや、あれはもうねえ・・・

-
しかし鈴木といえば船木ですが、それも微妙?

naware-
わたしの中で船木はヒクソン戦で終わりだから。今の船木は、別人。

-
と前置きが長くなってきたんですが、鈴木の魅力とは?

naware-
世に出た時、一介の前座レスラーだったんだよ。個性は強かったけど、新日本でやってたら飯塚みたいな感じだったんじゃないか。

-
注意ですが、nawareさんのいう飯塚は'90年代前半ぐらいまでのですから。

naware-
今は全然知らんしな。てか、やってんのかな?

-
鈴木に戻しましょう。やっぱりUWFからですよね。注目が集まったのは。

naware-
だって、誰がそんな前座レスラーの事知ってるん?
Uが無ければ鈴木はないよ。でも、UWFだって鈴木がいなければ2年目は無かったけどな。
 

年末にあまちゃん

-
年末から、呆れましたよ。

naware-


-
何が「『あまちゃん』を見る事はないだろう」ですか!
掃除ほっぽらかして総集編見てたじゃないですか。

naware-
まあ、アイドルとプロレスは親和性があるいう事でええやないか。
元週刊プロレスの記者も、BUBKAで連載持ってたりアイドル本も出してるんやから。
しかし、あのマネージャーが良かったな。やっぱり松田龍平だろう?
『まほろ駅前番外地』も面白そうやしな。

-
あの淡々とした感じが響くんですよね。

naware-
それと母親、小泉今日子が良かったね。
娘が上京すれば出番が少なくなるやろうからそこまで見て、と思ったら
最後まで出るんやからな(笑)。目が離せんよ。

-
笑い、じゃないですよ。
このブログまでBUBKA風にしようとしてるんですか。
全然関係無い話して。

naware-
もうな、わたしは過去にしか興味が向かんのよ。
つう事でこの間も爆笑やったのが、「全女は消防法とかもまるで無視で、通路とかに
座らせてた」っていうKAMINOGEにあったやつな。

-
神取のページで出てた話ですね。

naware-
あの時代が良かったよ。
今プロレスも、日本プロレスの馬場とか猪木が見たいもんな。

-
もはや新日本や全日本でもない、と。

naware-
うん。しかし一部の映像以外出ないんだよな。やっぱ、権利関係かな。

-
そういうのをテーマに、プロレス版あまちゃんが見たいですね。

naware-
見たいけど、誰が見るねん。そんなん。

ゆがんだ裏

JUGEMテーマ:スポーツ

『Gスピリッツ』と違いこのシリーズは必ず買う、という訳ではない。
大きな理由はプロレスのスキャンダルばかりを目にするのは辛い、また
取り上げられるものの多くがNOAH(ノア)など旧全日本プロレス系という
事で、もはやG馬場の団体とはまるで別モノと思いつつも、余計醜聞
には耳を塞ぎたくなるという気持ちからだ。

もっともそれらに全く興味が無いかと言えばウソになる。またわたしは
それほど真っさら、善良な心根も持っていない。そして今回購入を決めた
理由の一つが「前田日明襲撃事件詳報」という内容があったからだ。
(今さら、安生に殴られたでもなかろうに・・・)などと思うのがわたしの
浦島太郎状態なのだが、舞台はTHE OUTSIDER(ジ・アウトサイダー)で、
しかも大阪大会というからごく最近の話だ。

一説にはプロレス的演出、という声もあるようだが本物だったらあまり
良いものではない。NOAH(ノア)の件にしてもそうだが元来表に出てはい
けないもの、その道のプロ的なやり方だったものがどうにもヘタクソ
になっているのがいただけない。
わたしが子どもの頃は田舎であっても「プロレスなんか見に行ったら、
ヤクザがいっぱいいて怖いんだから」と言われていたものだが、
それが”反社会勢力”などというキャッチコピーとともに弱められて
きたせいかどうにもそちらの世界がいびつになってきている。
一番の目当ては前田の記事だったものの、NOAH(ノア)の内容と続けて
読んでみるとこのあたりの構造のゆがみが垣間見え、余計に怖い。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
adspace
sponsored links
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM